スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4話  「モンゴロイドの正常咬合 ~ 8020運動」

前回までの話を要約すると、歯科人類学的調査結果ではアジア大陸および北米と南米大陸に住む原住民は、上顎前歯が歯の裏面の両端の幅が厚いシャベル型で、 歯列弓は幅広く奥行きの短く、頭蓋歯数が超短頭型を示すモンゴロイド特有の形態的特徴を持っていて、上顎前歯がノミ型で、歯列弓が幅狭く奥行きの長い長頭 型を示すコーカソイド(白人)とは全く異なっていた。したがって、我々日本人を含むモンゴロイドにはモンゴロイド共通の正常咬合を旗印にして矯正治療をお こなう必要があるのである。


kobore_img07.jpg そこで、調査によって得られた資料から典型的なモンゴロイドの正常咬合を選んでここに示してみよう。(写真1)は咬み合わせの正面像、(写真2)はその側 面像、(写真3)は上顎歯列弓、(写真4)は下顎歯列弓である。写真で解るように、上下の歯列弓はきれいな円弧を画き、正面から見ると上顎の歯が下顎の歯 を2、3 mm被蓋して、上下の正中線が見事に一致している。

側面では上顎の歯と下顎の歯は互いに1歯対2歯の関係で、完全な咬頭嵌合(こうとうかんごう:ノコギリを2つ合わせたように、ギザギザがぴったりと合った ような咬み合わせのこと。歯の尖った部分が、反対のアゴの歯と歯の間の溝にピッタリと咬み合っている状態)が成立している。これは上下の歯の接触面積は最 大の状態を示しているので、形態的に美しく安定しているばかりでなく、咀嚼(そしゃく)機能、能率も最高に発揮されるわけである。写真のような正常咬合で あれば、当然、口腔清掃予防も理想的に行われるので虫歯や歯周病の予防にもなるだろうし、口腔の形態も理想的な環境になるので発音機能も正しく遂行される に違いない。

  話は変わるが、近年、厚生労働省と日本歯科医師会とは共催事業として「8020運動」を展開し、80歳になっても20本以上の歯を持とうと積極的にキャン ペーンしている。そして、食事毎に歯を磨いて虫歯と歯周病を撲滅すればそれが達成できると主張している。果たして歯を磨けば20本以上歯が残るのであろう か?ここに興味深い報告がある。北海道大学の中村進治名誉教授らが同地区の80歳以上の方々の歯を調査したところ、101歳の男性の方がなんと数本の歯は 治療されているものも、上下合わせて32本の歯が全て健全で、しかも咬み合わせが正に典型的な正常咬合を示していたのである(写真5)。つまり、この方は 永久歯咬合完成期(18~20歳)に幸いにも典型的な正常咬合を獲得したために、良く咬み、良く磨いて101歳まで健康な歯を持ち続けることが出来たので はないだろうか。もしもこの方が凸凹の歯並びで不正な咬合であったなら、果たして101歳まで健康長寿を保ち得たか疑問である。恐らく「8020」にも届 けなかったであろう。

kobore_img08.jpg

最近、小子化が話題となっている。少子化が進めば進むほど、少ない子供は全員が正常咬合を獲得して欲しい。そして健康な咀嚼器官で成人を迎えて欲しい。言 い換えれば不正咬合はそれまでに矯正治療されていて、正常咬合となって成人を迎えることが望ましい。そうすれば必ずや「8020」は達成されるに違いない だろう。

スポンサーサイト

第3話  「日本人はモンゴロイドであることの証明」

第2話では、正常咬合の形態は人種により異なるから、我々日本人を含むモンゴロイドにはモンゴロイドなりの正常咬合を旗印にして矯正治療を行うべきであると述べました。このように、歯や顎などに関して人種による違いを究明する学問を歯科人類学といいます。
 
幸いにも私は、1960年から1961年にかけて米国シカゴ大学のダールバーグ教授の下で、この歯科人類学を学ぶ機会を得ました。教授は、アメリカ原住民 (アメリカ・インディアン)の上顎前歯は歯冠の舌側面(前歯の裏側)がシャベル型で、ノミ型している白人とは全く異なったモンゴロイド特有の形態を持って いると報告した方です。ちょうど、アリゾナ地域の原住民の歯の調査が始まった時でしたから、私もアリゾナ・ピマ族やナバホ族の歯の印象採得(歯型をとるこ と)や口腔写真撮影などをして調査資料作成のお手伝いをさせていただきました。

kobore_img04.jpg

写真1
はピマ族の正常咬合です。我々日本人のものと全く同じであることに驚きました。彼らの祖先は、その昔、シベリア に住むモンゴロイドがベーリング海峡を渡ってアラスカに住みつきエスキモーになりました。エスキモーはカナダに移りカナダインディアンになり、更に下って アメリカインディアンになったといわれています。それがまさに歯科人類学からも証明されたわけです。


アメリカ・インディアンは米国から南下してメキシコやガテマラでマヤ文明を、更に南米に移動してインカ帝国を築いたとされていますが、残念ながら歯科人類 学的見地からは彼らが果たしてモンゴロイドに属するか否かは何ら検討されていなかったわけです。そこで私は、文部省から研究費を頂戴して、1982年、ペ ルーの国立サンマルコ大学と共同研究“アンデス原住民の正常咬合を対象とする歯科人類学的研究”を行いました。


kobore_img05.jpg kobore_img06.jpg  


(図・上左) (左)日本人成人女性のプロフィール(側貌骨格の形態)とアンデスおよびユカタン原住民の成人女性のプロフィール、前方に一番大きいのは比較のための北アメリカ白人のプロフィールである。
(右)日本人成人女性と中国5ヶ所の成人女性のプロフィール:ほとんど同じであることが分かる。
(図・上右) (左)日本人成人女性の歯列弓とアンデスおよびユカタン原住民の成人女性の歯列弓、幅が狭く細長いのは比較のための北アメリカ白人の歯列弓である。
(右)日本人成人女性と中国5ヶ所の成人女性の歯列弓:ほとんど同じであることが分かる。

また、1987年には同様の研究目的でメキシコ国立自治大学とユカタン半島住民の歯の調査を致しました。そして更には、我々日本人が本当にモンゴロイドな のか否かを証明するために、1990年に北京医科大学および上海第二医科大学との共同研究として蒙古、満州を含む5ヶ所の調査も行いました。

 得られた資料は全て東京医科歯科大学のコンピュータに納められました。その結果を要約すれば、アンデスに住む原住民もユカタン半島にいる原住民も、我々日 本人と同じ歯、歯列弓、顎を持ち、加えて、それらは我々が調査を行った中国の5ヶ所に住む人々とも全く変わらない、モンゴロイドなのであるという歯科人類 学的に貴重な知見を得たわけです。これを言い換えれば、同じモンゴロイド共通の正常咬合である以上、わが国の歯科矯正学はアジア大陸に住むモンゴロイドの ためばかりでなく、北米、南米の両大陸に住む原住民のためにも役立てなければならないのである。

第2話 「頭蓋骨の形」

kobore_img01.jpg  第一話で述べたように、アメリカのアングル先生は、悪い噛み合わせ(不正咬合)を正しい噛み合わせ(正常咬合)に治す、臨床歯科学を歯科矯正学と定義し、 (写真1)に示すような正常咬合を持つ頭蓋骨を旗印として歯科矯正学を立ち上げました。つまり、凸凹な歯並びや八重歯はもちろんのこと、受け口(下顎前 突)や出っ歯(上顎前突)などはすべて不正咬合だから、それらは旗印のようなきれいな噛み合わせに治して、良く噛める健康な咀嚼器官(そしゃくきかん)に しましょうと、世に訴えたのです。今から100年も前、20世紀の初めの頃でした。

この思想は歯科矯正学の根幹ですから今も変わってはおりませんが、「旗印に用いた頭蓋骨は黒人である。」とロヨラ大学のケース教授に指摘されたことから、 後日、アングル先生の弟子たちが協議の末、正常咬合を持つ白人の頭蓋骨を旗印に変えたわけです。言い換えれば人種により、旗印は違うということで、黒人は 黒人なりの、白人は白人なりのそれがあるというのです。では、我々日本人のための旗印とはどんなものでしょうか。

 ご存知のように、人類は皮膚の色によって黒人のニグロイド、白人のコーカソイド、それに黄色人種のモンゴロイド、の3種に大別されています。そして色の違 いは形態にも表されています。人類学では頭の形状を、頭の幅を頭の奥行きで割った「頭蓋指数」でとらえ、ニグロイドは長頭型(指数75以下)、コーカソイ ドは中頭型(指数75~80)、そしてモンゴロイドは短頭型(指数80以上)と3型に分けています。

  そこで、日本人の頭蓋指数を計ってみると、なんと平均85でしたから、短頭型を1段飛び越えた超短頭型に属し、いわば丸い頭をしているといっても過言では ないのです。ですから、頭の骨と連結している上顎歯列弓(上の歯の列)も当然、幅が広く奥行きの短いアーチを示し、幅が狭く奥行きの長い白人の歯列弓とは 全く違うわけです。従って、我々日本人の矯正治療に際しては、白人、言い換えればコーカソイドの人々に通用する旗印を目安とすることなく、幅の広いアーチ を持つモンゴロイドの正常咬合を旗印とするべきなのです。

第1話 「Show the Flag ! 」

2001年9月11日、アメリカ同時多発テロが発生し、ニューヨーク市の国際貿易センターの2本の高層ビルが瞬間のうちに崩壊してしまいました。当時、日本はアメリカから 「Show the Flag(旗を示せ)! 」と言われて、国会でもそれがどんな意味なのか議論されました。議員によっては「自衛隊をイラクに派遣せよ」などとオーバーな発言もありました。要は、旗には主義主張を示す旗印というものがあり、「日本はそれを示して敵か味方かハッキリしろ」と言われたのです。古くは、平家が赤、源氏が白の旗を掲げて合戦をしました。今でも運動会などでは赤組と白組に分かれて争いますが、それはその名残なのでしょう。

矯正歯科にも旗があります。近代矯正学の生みの親といわれるアメリカのアングル先生は、歯を動かして凸凹な歯並びを治す歯科処置を臨床歯科学の中の1つの学問として発展させるには "単には並びを治すだけでなく、上下の歯を正しい噛み合わせにさせて、健全な咀嚼器官に導くこと" これが矯正学なのであると主張しました。そして、正しい噛み合わせを旗印にして世に示したのです。その旗を名付けて "Old glory of the Orthodontia" と言いました。Old gloryを直訳すれば古い栄光になりますが、実はアメリカの星条旗のことです。Orthodontiaとは合成語で、Ortho(正しくする) と donti(歯) と a(学問) を連ねたもので歯科矯正学と訳します。(なお、 a はやがて科学《Science》としてCsに変えられ、現在では歯科矯正学はOrthodonticsになりました。)
 
先に述べたように、アングル先生はアメリカ人ですから "Old glory" と言いましたが、要は矯正の旗として正しい噛み合わせ・・・・・これを正常咬合といいます・・・・・を旗印にして、そのような噛み合わせをしていない、たとえば凸凹の歯並び、八重歯、出っ歯、受け口などを総括して不正咬合と名付けて、是非これらの不正咬合を旗印のような正常咬合に治してやろうと提案したわけです。1900年の始めです。それから早や100年が経ちました。

 不正咬合を、旗印のような正常咬合にするには、歯ばかりでなく、上顎と下顎をバランスよく成長させることも必要です。したがって長期にわたってケアーする必要がありますが、結果として上下の顎がバランスよく調和のとれた顔貌になりますので、実質的には口腔の健康と共に健康美も得られるというものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。